お金・収入・仕事・に役立つ情報

直ぐにお金が必要な場合

直ぐにお金を借りると言っても、個人で借りるのか、法人で借りるのか。

 

また、同じ個人でも事業資金として借りるのか、生活資金として借りるのか、または特別な目的を持って借りるのかで、融資の申し込みをする違います。

 

総量規制ができてからは、個人んで生活資金など事業資金以外を借りる場合は、収入による規制がかかります。

 

貸金業者だけの規制ですが、ここにきて、銀行も貸し過ぎの批判を受けて自主規制を始めました。

 

年収の2分の一という基準の銀行も結構ありますしたが、総量規制の3分の1にするところが増えていますので、銀行で個人が借りる場合も商品者金融で借りるのと変わりなくなりました。

 

むしろ審査が厳しくなって、貸金業者の方が審査が通りやすいでしょう。

 

ジギョウシキンの場合は総量規制はかかりませんが、財務状況次第ですし、個人事業者の場合は、結局年収が重要な審査対象になりますから、結局は返済能力次第というわけで、どんな目的で借りるのかは審査に通りやすい稼働の差はほとんどないといっていいでしょう。

今すぐ現金が必要な場合はどうする

今すぐお金が必要という場合は、それはもう嫌でも消費者金融で借りるしかありません。

 

クレジットカードのキャッシング機能があればそれを使うという方法もあります。

 

ただ、大手の消費者金融であれば、無利息機関があるので、金利が大して変わらなくても、1年以内の短期で返すのであれば、明らかに得です。

 

銀行のカードローンも持っていればすぐかれられますが、これから作って借りるとなれば、数日はまたなくてはいけませんし、最近甘い基準で貸し出していたことの批判を受けて、審査も厳しくなっていますので、通るかどうかも分かりません。

 

名前の知らないような街金で借りて、それが闇金であったりする場合もあります。

 

それらを総合して、今すぐお金を借りたいのであれば、やっぱり大手消費者金融がベストな選択肢です。

事業資金の即日調達はどうしたら良い?

開業資金でしたらま違いなく日本政策金融公庫がお勧めです。

 

金利も低いですし、返済期間も長いですし、返済猶予期間もあります。

 

しかし、即日借りたいとなればまず無理です。

 

次に銀行のビジネスローンという資金調達方法がありますが、これも即日融資なんてことは無理です。

 

即日審査融資をしてくれて、上手く行けば当日借りられるのは、事業者向けの貸金業者しか選択肢はないでしょう。

借換えしたい場合は

金利が高い、返済が厳しい、もっと返済期間を長くしたいなどの場合は、借り換えて解決するという方法があります。

 

今借りているところで、相談して、返済期限を延ばしてもらう、リスケジュールという方法もありますが・・・

 

この場合は信用がガタ落ちになり、新たな借り入れが困難になってしまいますので、特に事業資金の借換えの検討では最後の手段としておくべきでしょう。

 

事業資金の借換えについてはコチラに色々なところが載っていますので参考にしてください。

 

事業ローン比較|事業資金調達に役立つ事業融資

 

個人の長期の大型ローンの場合、たとえば住宅ローンなどの場合は、喜んで借換えをさせてくれる金融機関はいっぱいあるので、手数料を含めて有利になれば、借換えしてそんはないでしょう。

 

単純にお金の借換えというだけで見た場合は、総量規制の例外となるので、今ある金額のみを借り換えて返済するということは問題がありません。