会社設立か個人事業開業か?

会社設立か個人事業開業か?

独立開業するときの形態として、会社設立か個人事業開業かという選択肢があると思います。


売り上げ規模が少ない場合、法人かすると、個人事業開業よりも、デメリットが多くなります。


会社設立の場合のメリットとデメリットについては以下のような事がありますので、独立の前に頭に入れて置いて欲しいと思います。


会社は、業績に関係なく、毎期ごとに7万円程度の法人住民税を納める義務があり、また、所得が少ない時にも、一律22%の税率を負担する義務があるなど、税金面での負担は、個人事業の場合よりかなのデメリットがあるのです。


更に会社経営には、さまざまな書類と手続が必要であり、大変煩雑だという点も、一人起業の場合は、事業そのもの意外にも時間を割かれることがなかなか辛いことを考えるとデメリットといえるでしょう。


会社設立のメリットの方を考えると、やしり売り上げが大きくなるほど、「税金の節約になる」ということとが考えられます。


資本金の額が1,000万円未満の新設会社は、2事業年度にわたって消費税が免税となりますし、会社の資産を法人名義にしておけば、子供などへの事業承継時に、原則として相続税が免除となるてんは大きいでしょう。


さらに会社は、個人事業よりも超過累進税率が低くなっていますので、収益が大きくなるほど節税になることになります。


ただし、個人事業の場合は、事業所得税だけですが、法人の場合は、法人税と給与にかかる所得税の二重の税がかかってきますので、年収800円ぐらいを越えないと、逆に税負担が重くなることもあります。


これらの点を考えると、売り上げや収益が大きくい場合は、会社を設立することには、おおきなメリットがあるといっていいでしょう。


また、「社会的信用」という面では、日本では、圧倒的に個人名義より、会社の方がありますし、個人の能力、実力に重きをおく米国などと違い、資本金や売り上げだかの前に、日本では法人であるかという点だけで第一の判断を下すという習慣があり、法人でないと釣り引きしてくれない企業もありますね。


法人にしないと、ビ゛シネス自体に支障が生じるものもありますので、その場合は、いやもおうもなく法人、会社設立しかないといえます。


独立開業するときは、これらのメリットデメリットをよく理解した上で個人事業開業か会社設立かを選択すべきですね。

会社設立か個人事業開業か?関連ページ

オフィスの準備
収入を増やしたい、独立したい、お金をもっとなんとか稼ぎたいなど、人生の収入や資金調達、仕事や独立などをテーマにまとめています。
資格取得で開業準備
収入を増やしたい、独立したい、お金をもっとなんとか稼ぎたいなど、人生の収入や資金調達、仕事や独立などをテーマにまとめています。
まずは、副業から
収入を増やしたい、独立したい、お金をもっとなんとか稼ぎたいなど、人生の収入や資金調達、仕事や独立などをテーマにまとめています。
ビジネス資金は借りるより貯める
収入を増やしたい、独立したい、お金をもっとなんとか稼ぎたいなど、人生の収入や資金調達、仕事や独立などをテーマにまとめています。
開業資金の調達
収入を増やしたい、独立したい、お金をもっとなんとか稼ぎたいなど、人生の収入や資金調達、仕事や独立などをテーマにまとめています。